坐骨神経痛の症状と原因

坐骨神経痛とは病気の名前ではありません。別の疾患などによって坐骨神経痛に分類される様々な症状がみられる状態を総称したもののことです。

サイトトップ > 坐骨神経を知る

スポンサードリンク

坐骨神経痛の症状と原因

坐骨神経を知る


坐骨神経痛とは坐骨神経に感じる痛みを総称したものですが、そもそも坐骨神経というものがどういったものなのかを知らなければ、その初期症状を見逃してしまうこともあるわけなのです。先ずは坐骨神経というものを理解することが大切です。


人間の体にはたくさんの神経が通っているわけですが、それらは手足を動かしたりするために必要得ですし、脳に色々な情報を送るためにも必要なのです。身体を動かすということは、脳から発信された信号が神経を経由して筋肉に伝達することで実現します。


また、物を触ったときの感覚や、身体の痛みなどは神経を通って脳まで運ばれます。その神経のひとつとして坐骨神経は存在し、分類上は抹消神経ということになります。


神経というものは、脳や脊髄からなる中枢神経と、体の隅々まで行き渡っている末梢神経とに分類されています。そして、坐骨神経は腰から脚にかけて通っている末梢神経のことをいいます。


坐骨神経痛というものは、人によってそれぞれ症状の現れ方といものが異なりますし、その症状が現れる範囲も広範囲にわたっています。したがって、坐骨神経痛というものをすぐに発見できるというわけにはなかなかいかないものなのです。


坐骨神経痛は、痛みとしびれが主な症状ですが、その痛みの程度も様々であり、しびれの症状にも色々なものがあります。


坐骨神経痛の症状と原因

MENU



スポンサードリンク